読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そう?うつ?何それ美味しいの?

~躁とうつの波を穏やかに乗りこなすためのコツ~

回復期への足がかりにしたいDVD「プチ認知療法」

以前に著書を読んだことがある、下園壮太さんの出演するDVD「プチ認知療法」(2008年制作)を紹介したいと思います。ひとことで言うと「本を読むほど気力がない方が、カウンセリング1回受けるよりも、9800円出してこれを見たほうが良い」です。しかし、本を読める程度の方は、その他著書を読まれた方がお安いかもしれません。また、公式Webページで宣伝しているように、万人に効果があるとは思っていません。

下園壮太さん自身もメンタルヘルス不全に陥ったという話は、このDVDを通じて初めて知りました。医者の不養生なんて言いますが、それが現実になってしまうほど、メンタルヘルス不全は、誰にでも起こりうるものなんだな、と改めて思いました。 

内容が気になった方は、下記記事を先に読むと、どんな話が展開されるか想像がつくと思います。

dot.asahi.com

 

DVDの内容について

本DVDには特典集として、DVDで出てくる図版などが資料として付いてきます。

なお、あらすじはその他著書にも共通するエッセンスに絞って紹介します。紹介したあらすじは目次程度で、内容のすべてを理解はできませんし、実行には注意を要します。興味を持った方はDVDもしくは著書をご覧ください。また、詳細な訓練法については意図的に省略しています。

あらすじ

(1)いろんな形のうつ状態
(2)うつ状態をどう理解すれば回復に近づくか編
  • うつは原始時代から病気・怪我などの危険から自分を守る役割があったのではないだろうか。
  • 原始時代は生命の危機が、現代は疲労の蓄積が、うつのスイッチになっている。
  • 精神的、身体的な蓄積疲労は気付きにくい。塵も積もれば山となる。
  • 疲労は職場だけでなく、家庭などプライベートでの仕事量も加算される。個人差もある。
  • 職場での仕事量だけを比較すると、自己の過小評価に繋がり、自信がなくなる。
(3)うつ状態から回復するための作戦編
  • うつにならない人はいないが、回復しやすい人と回復しにくい人がいる。
  • 回復しにくい人は、苦労を独りで乗り越えたい、なんとかできる、と思い込む人。
  • すぐ治したい、完璧にやりたい、自分の考えが悪いなど、考えるほど悪化する。
  • 回復に限らず、設定する目標は、高すぎる場合が多い。
  • 身体、心、脳機能などの回復期間はそれぞれ異なる。
  • 身体は回復しやすいが、心の回復には訓練が必要である。
(4)うつ状態から回復するための訓練編
  • ごはんを食べる速度を落として、味わい、いつもと違う言葉にして表現してみよう。
  • 意識的にゆっくり、自分の心地良いペースを探して歩いてみよう。
  • 呼吸回数を息に合わせてゆっくり数えてみよう。
  • 上体の力を抜いて、体を動かしてみよう。
  • これらはガチガチになった体をほぐす作業で、できると復活した感じが出て、自信がつく。
  • 質疑応答。

感想

別途、ご紹介したいと思いますが、うつのメカニズムに関する話など(1)~(3)の内容は、概ね下記著書に記述されています。

(4)については、実際に映像を見て納得する、実践できる部分が多く、これだけでもお金払う価値はあると思いました。しかし、後述しますが、万人に効果がある方法ではないと思っています。

映像であるだけに、本を読めない程度、特に回復期に差し掛かっている方には丁度いいかもしれません。また、急性期の方の場合は、ご家族など親しい方が見ることで、その方に今何が起こっているのかを理解する一助になるかと思います。

具体的な内容に関する感想ですが、下園先生はとにかく話し方がうまいです。喜怒哀楽の感情や表情の表現がうまく、実際にカウンセリングを受けているような感覚を覚えました。具体的な例を交えて参加者と対話形式をとっていることが要因かもしれません。

先に上記著書を読まずに初見だったら感動していたと思います。まあ、著書を読んだからDVDを手にしたわけですが。

 

要約しますが、下園先生は最後に「大きな仕事を控えていても、調子が悪くなったら、あえて1週間休んでしまう。評判を一時的に落としても、1年もすれば回復する。その1週間を休める人は、しなやかな心を持っている。」と締めています。これは実感を持ってその通りだと思いました。

休んだら、一瞬、周りには迷惑をかけることになりますが、自分が倒れたら、数年迷惑をかけることになるかもしれません。

ま、そんなことすら気にせずに「迷ったら休む」くらいの気持ちが、「しなやかな心」なのかもしれません。

 

商品について

下記サイトから購入可能です。Webページを見ていただければわかりますが、「怪しい情報商材臭」が漂ってきます。公式サイトでは返金保証まで付けて、万能であるかのような記述が見られます。こういう商品の紹介は正直いかがなものかと思います。

www.cinemes-verdi.com

 Y!知恵袋でもちょっと叩かれていますね。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

とはいえ、これまで感想を述べた通り、結構おすすめです。しかし、9800円と、地味に高いので、見てからハズレくじを引いた感を持った方には不満が大きいかもしれません。購入する前に、下園先生の著書を読んだ方が良いかもしれませんね。